セット割チョイス

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

無料相談はこちら

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

なにが変わる?2017年4月解禁の「ガス自由化」!参入企業もご紹介!

こちらのサイトでは様々なセット割引やお得な情報を多数ご紹介しています。インターネットや電気、ガスと、通信費や公共料金を節約したいと考えている場合に役立つ情報が満載!
今回は2017年4月より開始される「ガス自由化」について。ガス自由化によって変わることなどを中心に、わかりやすくご紹介していきます。

ガス自由化

2016年4月に電力自由化が解禁されて1年、今度はガスの自由化が解禁されます。
電力自由化では、電気の質自体はそのままに、様々な企業が新電力として電力事業に参入して様々なプランを持った電気サービスや、他サービスとのセット割サービスが提供されていますね。新電力に契約変更することでこれまでよりも安い電気料金になる場合が多いですが、なかにはセット割適用で大幅に料金を節約できる場合もあります。
その流れで2017年4月、ついにガスも自由化を迎えることになります。では、このガス自由化ではどのような変化が起こるのでしょうか。

電力自由化についてはこちら!

ガスの自由化で変わること

都市ガスとして提供するガス会社を一般家庭で自由に選択できるようになるガスは大きく分けて2種類、都市ガスとLP(プロパン)ガスです。このうち、都市ガスにおいてはその地域で決められたガス会社としか契約することができませんでしたよね。ガス自由化では、この都市ガスの一般企業なども都市ガス事業に参入できるようになり、さらに一般家庭で契約する都市ガスの提供会社を自由に選べるようになるのです。このことで、各家庭に合ったガス会社、さらには料金プラン・サービスを提供している企業を選べるようになります。
ガス会社の契約先を変えても、これまで通り基本的にすべて既存のガス導管を通って届いてくるのです。契約先のガス会社が既存のガス会社に「託送料金」というのを支払うことで利用できる仕組みです。また、ガスの導管の安全や緊急時についても既存の都市ガス会社が厳格に管理・対応するので安心です。
ただ、新しいガス会社に契約変更した場合における宅内のガス機器等の定期的な点検は契約先の会社が行うようになります。
では、このガス自由化でどのような企業がガス事業に参入する予定なのでしょうか。

ガス事業参入の障壁


2016年8月より、ガスを一般家庭向けに販売することのできる登録ガス小売り事業者としての登録受付を開始しました。2017年2月時点で登録している企業は13企業、そのうち一般家庭向けにガスを販売する予定の登録業者は電力会社5社(関西電力、東京電力、中部電力、九州電力、朝日ガスエナジー株式会社<特定地点のみ>)に留まっています。
このように、電力自由化に比べて、ガスの自由化においては参入企業の勢いが劣っているのが現状です。

参入の障壁として①市場規模②コストの問題が考えられています。

①市場規模に関して、経済産業省の資源エネルギー庁によると電力自由化開始前の2015年時点で電力自由化の市場規模が約8兆円(一般家庭の契約者数7,795万件)とされていたことに対し、ガス自由化の市場規模は2013年時点の上位10社で約2.8兆円(ガス自由化の対象になる一般家庭は2,900万件)とされています。この数字からわかるように、電気は基本的には全ての世帯が対象となりますがガスの場合はオール電化やプロパンガス世帯がいるため、限定されてくるのです。
(参考:経済産業省資源エネルギー庁「電力小売全面自由化の概要」)

②また、都市ガスを家庭に届けるためにはガスの導管が必要です。とは言え、既存のガス会社が管理する導管を利用するにも託送料金がかかることや、もし増設するとなった場合大きな費用が発生することなどが予想されます。さらには、各家庭のガス機器の保安や管理に関しては参入企業が担当することになるので人員の確保=人件費が確実に増えることになります。こういったコストの面も参入障壁として深刻に考えられていると言われています。

これらに加えて、期待されていた電力自由化の進捗としても、経済産業省の「電力小売全面自由化に関する進捗状況」において、新電力への切り替えに至ったのは2016年9月末時点で約3%に留まっている現状があるため、こういった進捗状況を踏まえてもガス事業への参入をなかなか踏み切れない要因にもなっているようです。

今後参入が予想される企業

2017年4月スタートのガス自由化に向けて、今後参入するのではないかと予想される企業や業界もあります。
特に有力視されているのがインターネット回線やプロバイダー、携帯キャリアなどの通信業界。電力自由化においては、こちらのサイトでも多々紹介していますが、インターネットと電力のセット売りなどを行っています。
同じようにガスの自由化の場合でも、今後こういったセット割サービスが登場してくるのではないでしょうか。インターネットサービスを提供する企業には、全国にサービス利用者がいることや長期契約を見込めます。電気とガスとネットのセット割りサービスなども登場しそうですよね。

また、電力自由化に参入した石油会社やプロパンガスの企業が参入する可能性も考えられます。今後どのような企業が参入し、ガスの料金設定やセット割など、どのようなサービスが登場してくるのか楽しみです。
参入障壁はありますが、そんななかでもより多くの企業がガス事業に参入することで価格競争が起き、これまでよりもお得な料金や多彩なサービスプラン、セット割などが登場することを期待していきたいですね。

電気代やガス代、通信費を抑えられる方法を相談してみる!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はガス自由化についてご紹介してきました。
現状ではまだ参入企業が少ないですが、今後通信業界とのセット割サービスやお得な料金プランを提供する企業が登場するかもしれません。
2017年4月、迫るガス自由化に注目していきましょう!
電気とのセット割でお得になるセット割サービスのページも是非ご覧ください。

OCNの電気とネットのセット割についてのページはこちら!

昭和シェル電気でガソリンが10円/1Lもお得にできる?のページはこちら!

こちらのサイトではインターネット回線や電気などのセット割やお得な情報を多数ご紹介しています。この他のページも是非ご覧になって参考にしてみてくださいね。
また、インターネットや電気料金などの通信費の見直しや節約について、ご不明点やお悩み、ちょっとした質問などにも丁寧にお答えしております。是非、お気軽にお問い合わせください!

au Softbank docomo 簡単1分入力! 通信費節約の無料相談はこちら
新規・乗り換え お申し込みの方限定! 最大70,000円還元キャンペーン
携帯・スマートフォンのキャリア別おすすめのセット割引簡単チェックで節約!