セット割チョイス

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

無料相談はこちら

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

消費税増税に向けて住宅や車の購入のタイミングと増税対策

2019年10月より、消費税が8%から10%へ増税します。住宅や車などの大きな買い物を購入を検討されている方の中には「いつ買えばお得なの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。今回は、住宅や車の購入のタイミングやその注意点、さらには負担軽減のための増税対策についてご説明します。

住宅購入はいつがベスト?

消費税は8%から10%に引き上げられるため、もちろん住宅購入時の金額は大きく変わります。たとえば3,000万の住宅を購入する場合、8%なら3240万円ですが、10%なら3300万円になってしまいます。ですので、いつから10%の消費税が適用になるのか、チェックしておく必要があります。

消費税の10%引き上げ前に購入するには、2つのタイムリミットを押さえておきましょう。1つ目は、引き渡しのリミットです。8%で購入するには、2019年9月30日までに不動産の所有権が売主から買い主に移転していることが条件になります。契約から決済までには時間がかかるため、逆算して行動するようにしてみてください。

2つ目は、請負契約のタイムリミットです。注文住宅の場合、完成時期がずれることがあります。完成がずれこんだことによって、消費税がかかってしまうのはもったいないですよね。国は、消費税率引き上げ後の住宅取得を支援するため、経過措置を実施する予定です。請負契約を2019年3月31日までに締結していれば、経過措置として2019年10月以降でも消費税8%が適用されます。

住宅まわりで消費税がかかるのはどれ?

住宅と消費税の関係は複雑になっており、消費税がかかるものとかからないものがあります。購入前には、しっかり把握しておきましょう。

消費税がかかるもの

消費税がかかるのは次の通りです。
・引っ越し費用
・不動産業者から建物を購入する費用(中古含む)
・仲介手数料
・ローンの事務手数料
・司法書士などの費用
・リフォーム費用

消費税がかからないもの

消費税がかからないのは次の項目です。
・土地の購入費
・火災・地震保険料
・個人から中古住宅を購入した場合の費用
・登録免許税
・不動産取得税

住宅の種類別の注意点

ここでは、住宅種類別の消費税の注意点をご紹介します。

注文住宅の場合

注文住宅は、2019年9月30日までに引き渡しを受ければ消費税8%のままとなります。また、2019年3月31日までに工事契約をしていれば、2019年10月以降でも消費税8%となります。

分譲住宅・マンションの場合

分譲住宅やマンションは、2019年9月30日までの引き渡し完了で消費税8%となります。また、仲介手数料に関しても2019年9月30日までは消費税8%です。

さらに、ドアや壁色などを特注できるマンションの場合は、経過措置が適用できます。2019年3月31日までに契約していれば、2019年10月以降も消費税8%となります。

中古住宅・マンションの場合

中古住宅は個人から購入する場合、非課税となります。リフォーム工事をする場合は、2019年9月30日までに引き渡しをすれば消費税8%のままです。また、2019年3月31日までにリフォーム工事の契約をしていれば、引き渡しが2019年10月以降でも消費税8%となります。

増税後の負担を減らす支援策もさまざま

増税前には、駆け込み消費が増えます。政府は、増税後の消費の落ち込みの対策として、さまざまな対策を設けています。

住宅ローン控除の期間が3年延長

増税に伴って、住宅ローン控除の期間が延長になりました。以前は10年まででしたが、3年増えて13年となっています。対象は、消費税10%で購入された新築物件・中古物件・増築リフォームで、2019年10月1日から2020年12月31日までに住み始めた方となります。

すまい給付金が最大50万円になる

住宅を購入した人が現金をもらえる制度の「すまい給付金」。以前の上限は30万円でしたが、増税後は50万円まで引き上げられます。給付額は世帯によって異なります。

贈与税非課税枠が最大3000万円になる

住宅購入のために父母などから資金の贈与税を受けた場合は、一定額まで贈与税が非課税になります。今までの非課税の限度額は1,200万円でしたが、増税後は最大3,000万円になります。かなり多くの額が増えました。

次世代住宅ポイント制度

増税後には、新しく「次世代住宅ポイント制度」始まります。新築を購入で最大35万ポイント貯まったり、リフォーム工事で最大30万ポイント貯まったりします。さらに、中古住宅を購入し、リフォーム工事をすると最大60万ポイントもらえます。貯まったポイントはさまざまな商品と交換できます。

車の買い替えなら増税前がおトク?

「住宅だけじゃなく、車も買い替えたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。車の買い替えは、増税前と増税後のどちらがおトクなのでしょうか?

消費税だけなら増税前に!

増税前と増税後では、車の購入価格が万単位で異なります。買い替えを検討しているなら、増税前に購入した方がよいでしょう。車の購入は、車両選定や必要書類を取得するなど時間がかかるので、増税の1〜2ヶ月前に動き出すことをおすすめします。

しかし、これは「消費税だけ」を考えた場合のタイミングです。国は、消費税増税に伴って、増税対策を予定しています。

自動車取得税の廃止

自動車取得税とは、車の購入時や譲り受けたときにかかる税金のことです。通常、普通自動車は価格の5%、軽自動車は3%の税率がかかります。今回の増税時には、自動車取得税の廃止が実施される可能性があります。ですので、人によっては、消費税が増税しても購入価格があまり変わらない場合があります。

環境性能割の導入

自動車取得税が廃止される予定ですが、その代わりとして「環境性能割」の導入が検討されています。車の燃費性能によって課税率が変化する仕組みです。これは、購入する車の燃費性能によって税金が安くなったり高くなったりします。

自動車取得税が廃止される予定であっても、環境性能割の税金がかかるため、これから購入する車によっては減税になったり増税になったりしますので購入にチェックしてみてください。

駆け込み消費には気をつけよう!

増税前の消費が増える「駆け込み消費」。駆け込み消費が大きくなりすぎると、その反動で増税後に不動産の価格が落ち着く場合があります。ですので「増税の前に買わなきゃ!」と思って、無理をして購入する必要はありません。焦っていると、不動産会社に割高な物件を紹介されてしまう場合もあります。住宅は大きな買い物ですので、ご自身のライフプランに即したタイミングで購入されるのがベストだと思います。

まとめ

消費税増税に伴う住宅や車の購入タイミングについてまとめました。増税前に住宅や車を購入するためには、2019年10月から逆算してさまざまな手続きをする必要がありますので、余裕を持って購入してみてください。また「増税前だから」といって急いで買い物するよりも、「本当に今でなくてはならないのか」と再検討して購入するのをおすすめします。

セット割チョイス無料相談窓口

au Softbank docomo 簡単1分入力! 通信費節約の無料相談はこちら
新規・乗り換え お申し込みの方限定! 最大70,000円還元キャンペーン
携帯・スマートフォンのキャリア別おすすめのセット割引簡単チェックで節約!