セット割チョイス

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

無料相談はこちら

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

節約上手を目指す主婦必見!楽しく・簡単に節約するコツをプロが伝授!

日々の家計のやりくりに頭を悩ませている主婦の方も多いですよね。なんとか節約したいと思ってチャレンジしてみても、失敗に終わった経験はありませんか?

食べたいものを我慢する、外出やレジャーを控えるというような節約は失敗しやすい傾向にあると言われています。節約を成功させるには「固定費」と「変動費」の違いを理解し、継続期間が長く、出費額も大きい固定費の方を削減させる必要があるでしょう。

また変動費を削減するにしても、生活の質を下げずに楽しく節約するコツもありますよ。

今回は節約成功の秘訣についてお伝えするので、これまで節約に挑戦したけれど失敗してしまった経験のある人は、ぜひ目を通してみてください。

そもそも節約とは?

無駄な出費を省き、お金を貯める節約。

節約には我慢や余裕がないというイメージもありますが、実は生活に余裕のある人ほど節約上手だと言われています。貯蓄を考える時にも、真っ先に思い浮かぶのが節約ではないでしょうか。

しかし我慢ありきの節約ではストレスが溜まりやすく長続きしないので、成功する節約の秘訣は、我慢しすぎない範囲で楽しく生活を送ることにあると言えるでしょう。

キーワードは「楽しく節約」

節約にチャレンジしようと思ってネットで情報を集めてみると、節約に関する情報がたくさん発信されていますよね。特に現役主婦の人が運営している節約ブログは人気が高く、節約や貯金、節約術はブログランキングで専用カテゴリーが作られるほど注目を集めています。

人気の高い節約ブログを覗いてみると、楽しく節約生活を送っている人ほど成功させているという特徴が見受けられます。節約には我慢というイメージも強いので、一見すると楽しい生活とはかけ離れているようにも思えますが、今回紹介するポイントを押さえておけば楽しく生活を送りながら節約も成功させられますよ。

知っておきたい「固定費」と「変動費」の違い

節約を始めるのなら、まずは固定費と変動費の違いを理解する必要があります。

固定費とは

「固定費」とは、生活する上で定期的に発生する費用のことで、毎月の出費額はある程度決まっています。

  • 家賃・住宅ローン
  • 駐車場代
  • 光熱費
  • 通信費

など

変動費とは

「変動費」とは、月々の行動によって変わる費用のことで、出費額は毎月一定ではありません。

  • 食費
  • 交通費
  • 洋服代
  • 医療費

など

節約というと変動費の削減に意識を向けてしまいがちですが、ほどほどにしないと日々の楽しみを大幅に減らすことになってしまいます。もちろん変動費の削減も大事ですが、人生の3大出費は住宅・保険・教育費と言われており、固定費が2項目を占めています。

毎月一定の額を節約できる固定費の削減にも目を向けましょう。

固定費と節約のポイント

◆家賃・住宅ローン

多くの人が固定費として支払っている、家賃や住宅ローン。住宅費は月に1万円程度でも、年間で見れば12万円も節約できるので、一度見直してみるといいですね。

・賃貸住宅
今よりも家賃の安い物件に引っ越せば、その分の費用が抑えられます。家賃は一般的に、月収に対して1/3~1/4程度に抑えるのが理想的と言われています。現在の月収と家賃の割合を比較して、高すぎる場合には引っ越しを考えましょう。

・住宅ローン
最初にローンを組んだ金融機関よりも金利が安い金融機関で借り換えすることで、返済総額を減らすことができますよ。また繰り上げ返済を行うことで、利息支払い分を減らすことも可能となるでしょう。

◆保険料

保険費もまた住宅関連費用に次ぐ大型固定費とされています。

もしもの事態に備えて加入している保険ですが、月々にかかる保険料が大きな出費になり、現在を圧迫しているというケースもあるようですね。それでは本末転倒になってしまうので、必要な保険を見極めて最小限に絞るのがポイントと言えるでしょう。毎月何となく支払いを続けるのではなく、定期的な見直しをして節約を実現してください。

またインターネット保険では、安い料金で保険が提供されています。たとえばネット保険で有名なライフネット生命は、必要な保障に絞ったシンプルな保険商品として知られています。保険料の節約を考えるのなら、同じような保障内容で料金が抑えられるインターネット保険もオススメですよ。

◆光熱費

水道、ガス、電気などを利用する為に支払う光熱費。毎月の請求額が一定ではなく、季節によって額が変動するのが特徴的ですね。光熱費削減のコツとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 電気代 … アンペア数を下げる、料金プランを見直す。
  • 水道代 … 水の使用量を減らすシャワーヘッドを使用する。

など
また電気やガスは自由化が進められているので、思い切って契約会社を乗り換えるという手段もありますよ。電気やガスは乗り換えると毎年数%の割引がなされることもあるので、簡単に節約に繋がるでしょう。

◆ウォーターサーバー

安全な飲み水を確保するのに欠かせないウォーターサーバーですが、水代や電気代などの負担が発生してしまいますよね。ウォーターサーバーは基本的に、新しいものほど電気代がかかりにくくなっています。現在古いタイプのウォーターサーバーを利用しているのであれば、思い切って新しいタイプに変更してみてはいかがでしょうか。

業者によってはお得なキャンペーン提供しているところもあるので、乗り換えを検討してみるのもいいですね。たとえばauのウォーターサーバーなら、以下のようなキャンペーンが行われています。

  • 「ウォーターサーバーはじめる割」 … 水パック代金が合計最大6,480円割引される。
  • 「ウォーターサーバーのりかえサポートプログラム」 … 8,000WALLETポイントがプレゼントされる。

さらにau WALLET Marketで商品を購入すると、au WALLET プリペイドカードにポイントを還元してくれますよ。

  • FRECIOUS富士(ウォーターサーバーの天然水) … 10%
  • その他の商品 … 5%

WALLET ポイントは電子マネーに交換して利用できます。auの利用料金の割引やネットショッピングなどに回せば、その分も節約になるでしょう。

◆通信費

インターネット回線やスマホなどは現代社会において、生活に必要なインフラといっても過言ではありません。節約術としては格安SIMへの乗り換えや、インターネットプロバイダーの料金の見直しなどが挙げられます。

・スマホの節約術
大手キャリアのスマホでは月々にかかる費用が7,000円前後になることも少なくありませんが、格安SIMなら月々2,000円~3,000円程度まで抑えることも可能ですよ。さらにデータ通信だけなら月額0円で始められるケースもあり、かなりの額を節約できますね。

・固定回線の節約術
もし家でインターネットをあまり使っていないのなら、固定回線を解約してしまうのも一つの手段です。しかし固定回線を解約してしまうと、OSやスマホアプリのアップデートができなくなってしまう可能性もあるため、モバイルルーターへ乗り換えを検討してみるといいですね。
モバイルルーターを利用すれば、ネット回線がなくてもインターネットが使用できるようになりますよ。固定回線よりも費用を抑え、外出先でもネットの利用が可能となるなので、モバイルルーターへの乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。

・モバイルルーターの節約術
多くのモバイルルーターは、2年目にあたる24ヶ月間までは月額料金が安くなる割引が適用されますが、2年目以降は高くなる傾向にあります。モバイルルーターを安く使うには、月額料金が高くなる前に乗り換えるのがオススメです。契約期間を2年で設定していれば、24ヶ月目はちょうど更新月に相当するので、解約しても違約金が発生しません。
新たに契約する際には、新規契約特典や乗り換え特典が受け取れるところを選ぶといいですね。特典にキャッシュバックを設定している代理店・プロバイダも多く存在するので、キャッシュバックを月額料金に補填すれば節約に繋がるでしょう。

通信費が1万円を超えていませんか?

スマホの月額料金が1台あたり6,000円を超えていませんか?

ネットとスマホのキャリアが別々ではありませんか?
一つでもあてはまるなら節約のチャンスです。
通信費節約のプロが無料であなたの節約をお手伝いいたします。
メールでの無料相談はこちら
お電話での無料相談はこちらから『通信費を節約したい!』とお伝え下さいね。
セット割チョイス無料相談窓口
0800-300-3190(9:00-18:00)
※セット割チョイスの相談窓口です。

◆新聞代

日々の情報源となる新聞ですが、現代ではネットが発達したこともあり、新聞を購読しなくても欲しい情報を簡単に入手できる時代になりました。現代では新聞代は削りやすい固定費として挙げられます。普段あまり新聞を読んでいないけれど、惰性で契約しているのなら思い切って解約するのもいいですね。

購読を続けたい場合には、思い切って電子版に切り替えてしまうという方法もあります。通常の新聞をとるよりも費用が抑えられるので、購読を続けたい場合には電子版への切り替えがオススメですよ。

◆習い事代、塾代

お子さんの塾代や、自分自身の勉強や趣味の為の習い事代にかかる費用も固定費として挙げられます。

成績アップなどの結果に繋がっておらず、お子さんもあまり意欲的ではなく惰性で続けているような場合は、思い切ってやめてしまうのも選択肢の一つです。趣味の習い事では、地域コミュニティで開催されている習い事教室などにシフトするのを検討してみるといいですね。個人でやっている習い事教室よりも割安なケースが多いですよ。

また最近では「スタディサプリ」のように定額で利用できる学習向けサービスも登場しています。

こうしたサービスを利用すれば、塾や予備校に通うよりもずっと費用を抑えられますよ。塾や習い事の詰め込みすぎはかえって効果が薄れてしまう側面もあるので、節約も兼ねて一度見直してみてはいかがでしょうか。

変動費と節約のポイント

◆食費

食費の節約といっても、無理に切り詰める必要はありません。スーパーでは曜日を決めて特売デーを行っている店舗も少なくないので、曜日を決めてまとめ買いをすると費用を抑えて食料品が手に入ります。あらかじめ買うものを決めてまとめ買いすれば、買い足しで出費せずに済みますよ。

また多くのドラッグストアやスーパーでは、ポイントカードが導入されています。支払時の割引や、一定のポイントが貯まると商品券がプレゼントされることもありますよね。特売やポイントを上手く活用すれば割安で食料品の入手が可能となり、節約に繋がります。

◆交通費

公共交通機関を利用する際には、チケットショップや回数券を利用するといいでしょう。新幹線や飛行機なら早期予約による割引を受け付けている場合もありますよ。

全国にはさまざまな交通系ICカードがあり、電子マネーとしても利用できるので、こちらも1枚は持っておきたいですね。

◆洋服代

身だしなみは大切なので、洋服代を抑えるのは難しいという人も多いかと思われます。洋服代の節約には、買い物先を選ぶといいでしょう。

アウトレットでは3月~6月や9月~11月などの季節の始まりに、昨年売れ残った商品や再生産品を割安で販売していることがあるのをご存知でしょうか。通常の店舗では割引がなされにくいシーズンですが、アウトレットでは逆に狙い目なので、ぜひ活用してください。

反対に7月~8月や12月~2月などのシーズンは、通常のお店の割引セールを利用するといいですね。上手く使い分けることでお金をかけずにオシャレが楽しめるようになりますよ。

また最近では「ZOZOTOWN」のようなファッション通販サイトも登場しています。有名ブランドからファストファッションまで多種多様な衣料品を揃え、ファッション通販として圧倒的な支持を得ています。他にも「メルカリ」では洋服も多く出品されているので、欲しかった服を安く手に入れられる可能性もありますよ。

これらの便利なツールを上手く活用して、洋服代を節約しつつオシャレも楽しんでくださいね。

◆医療費

医療費も家計の中ではかなりの額を占めがちです。かかりつけ医を決めて病院のはしごを防げば、無駄な検査や診察がなくなるので、その分の費用が節約になりますよ。

またジェネリック医薬品を使用すれば、薬代も抑えられます。お薬手帳を持参している場合「薬局の利用が2回目以降、6か月以内に同じ薬局で調剤を受けている場合」などの条件を満たせば、薬剤服用歴管理指導料が120円(3割負担で40円)安くなりますよ。

その他にも「高額医療費制度」「医療費控除」「セルフメディケーション税制」など、医療費が抑えられる国の制度があるので、条件を満たしているなら利用申請をあげましょう。

◆レジャー代

旅行やレジャーなどの娯楽を我慢しすぎるとストレスが溜まり、反動で浪費してしまう原因にもなりかねません。しかし節約術を駆使することで、節約しつつレジャーが楽しめるようになりますよ。

大型連休や夏休みシーズンなどは観光地も料金が割高に設定されているので、ピーク時の旅行は避けるといいですね。目的地のホテルや飲食店のクーポン券をあらかじめ入手しておいて利用すれば、費用を抑えられます。

利用する施設は、無料体験や見学を開催しているところを積極的に利用すれば、やはり費用を浮かせることが可能です。ちょっとしたコツを押さえ、節約しつつレジャーを楽しんでください。

◆雑費

雑費とは何かというと、他のカテゴリに入らない出費が「雑費」として区分されます。人によって何を雑費とするのかが異なり、アバウトに管理されがちなので浪費が多くなってしまう項目ではないでしょうか。

雑費の節約のポイントとしては、まず雑費の内訳を正確に把握しておくことが肝心です。石鹸やインク、文房具などは雑費の中でも生活に必要な「必要費」なので、浪費とは別に考えておきましょう。詳細な内訳を把握することにより、本当に必要なものか、そうでないのか判断がつきやすくなりますよ。

最近では細かいカテゴリに分類して登録できる無料の家計簿アプリも登場しているので、それらのツールも利用するといいですね。

まとめ

固定費の節約というと手続きや契約内容の見直しなど、面倒に感じる部分も少なくありません。しかし固定費の削減に成功すると大きな節約効果が期待できるでしょう。もちろん変動費もちょっとしたコツを押さえるだけで、効果的な節約が実現します。

節約というと我慢がつきもので、ストレスが溜まりやすいというイメージもありますが、ちょっとしたコツさえ押さえていればストレスフリーの節約生活が送れるようになりますよ。

節約は主婦にとって永遠の課題。今回紹介した方法を実践して、楽しく節約を成功させてくださいね。

au Softbank docomo 簡単1分入力! 通信費節約の無料相談はこちら
新規・乗り換え お申し込みの方限定! 最大70,000円還元キャンペーン
携帯・スマートフォンのキャリア別おすすめのセット割引簡単チェックで節約!