セット割チョイス

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

無料相談はこちら

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

格安スマホ(SIM)と自宅Wi-Fiで通信費を節約する方法!

スマホ代やインターネット回線代などを合わせると、結構高くつく通信費。毎月かかる固定費なので、少しでも安くしたいものですよね。通信費は、工夫をすれば大幅に節約できます。「1年で万単位安くなった」ということもありえるのです。今回は、通信費節約術として、格安SIMとWi-Fiルーター併用の方法をご紹介します。

みんなの通信費はどのくらい?

スマートフォンの月額平均は、総務省の家計消費調査を参考にすると7,000〜9,000円で、自宅でインターネットを接続している方の平均月額は、4,000〜5,000円といわれています。

例えば3人家族で一人あたり7,000円のスマートフォンを持ち、5,000円のインターネット回線を繋げていた場合、月額は26,000円となります。年間にすると31万2,000円になるので、かなり高い出費といえます。この料金を大幅に下げられたら、貯蓄や他の出費に回すことができますよね。

総務省 電話通話料

携帯電話は格安SIMで大幅ダウン

携帯電話はキャリアから格安SIMへ注意点は?

出費が高くなりがちな携帯電話料金を下げるためには、ドコモやSoftbank、auなどのキャリアから格安SIM会社に乗り換えるという方法があります。キャリアから格安SIMに変えるだけで月額3,000〜5,000円、料金が安くなる場合が多いです。でも、「料金は下がるのは嬉しいけど、格安SIMは本当に大丈夫?」と思われるかもしれません。格安SIMには何点か注意すべきところがあります。

1)速度が遅い時間帯がある
格安SIMは、大手のキャリアの回線を借りて運営しています。ですので、ユーザーが多くなる時間帯(特に12時〜14時や17時〜19時)は通信速度が遅く、動画やウェブを閲覧するのに不便を感じることがあります。格安SIM会社によっては、設備投資をして速度が遅くならないようにしているところもあるので、速度が気になる方は、速度が速い格安SIMを選びましょう。

2)デザリング不可の機種がある
スマートフォンのデータ通信をパソコンやゲーム機、タブレットと共有するためにデザリングを使用している方も多いと思います。しかし、ドコモ系の格安SIMでドコモのAndroidスマートフォンを利用する場合は、デザリングが利用できません。また、au系格安SIMでauのAndroidスマートフォンを利用する場合はデザリングが可能ですが、auiPhoneではデザリングができません。iPhoneユーザーでデザリングを利用したい場合は、au系の格安SIMは避けるとよいでしょう。

3)たくさん電話をする方は注意
キャリアでは電話かけ放題の通話プランを提供していますが、格安SIMでは「10分かけ放題」などの時間制限がついた通話プランに限定されます。電話を月に1時間以上かける方は、格安SIMよりキャリアを利用した方が割安になるでしょう。

4)キャリアメールが使えなくなる
キャリアメールとは、「@docomo.co.jp」や「@i.softbank.jp」、「@ezweb.ne.jp」などのキャリアで発行されるメールアドレスのことです。格安SIMに乗り換えをすると、今まで使用していたキャリアメールが使用できなくなります。現在はメッセージアプリを使ってやりとりする人も多いので、メールアドレスが必須という方は少ないかもしれません。メールアドレスが必要な場合は、G-mailやYahooメールなどの無料フリーメールや、格安SIM会社から発行されるメールアドレスに移行すれば大丈夫です。

インターネット回線はSIMカード用Wi-Fiルーターへ

パソコンやゲーム機に繋いだり、スマートフォンのデータ通信を節約するために自宅で光回線のインターネットを繋いでおられる方も多いと思います。その自宅のインターネット回線を節約する方法の一つは、SIMフリーのWi-Fiルーターに格安SIMのSIMカードを入れて光回線の代わりに固定回線として利用することです。

SIMフリーWi-Fiルーターとは、ドコモやSoftbankなどのキャリアに縛られずに使える無線LANの基地局となる機器のことをいいます。SIMカードが挿せるWi-Fiルーターの種類は、電源に挿したままの据え置き型のものと、モバイルWi-Fiルーターという持ち運べるものがあります。使い始めるときは、光回線のような工事は不要です。格安SIM会社の中には、Wi-FiルーターをSIMカードと一緒に購入できるところも出てきたので、気軽に使い始められますよ。

料金は、データ通信の容量によって変わりますが、光回線の半額程度になることが多いです。例えばIIJmioの12GBを契約すれば、月額2,560円で利用できます。ルーターの機器代を抑えたい場合は、Wi-Fiルーターを販売している格安SIM会社の分割払いを利用したり、メルカリやヤフオクを使えば中古で購入が可能です。

光回線からモバイルWi-Fiルーターに切り替えるときの注意点

光回線からモバイルWi-Fiルーターに切り替えるときには注意点があります。

1)大容量のデータ通信をするなら料金は変わらないかも
映画やドラマなどの動画をよく見る、ゲームをよくする、ビデオ通話を頻繁にするといった使い方をする方は、データ通信が大容量のSIMカードを選ぶ必要があります。しかし、20GB以上の大容量のSIMカードは4,000円以上するので、料金が光回線と変わらない場合があります。
また、使い方によっては、「データ通信が足りなかったのでデータを追加購入していたら月額5,000円を超えていた……」なんていうことも考えられます。動画やゲームの利用が多い方は、かえってモバイルWi-Fiが高くつくことがあるのです。データ利用が多い方は、スマホとルーターがセットで使える格安SIM会社を選ぶか、光回線の継続をオススメします。

2)速度が遅い時間がある
携帯電話を格安SIM会社にする箇所でも触れた通り、格安SIMはデータ通信が遅い時間があります。お昼や帰宅時間には速度が低下するので注意が必要です。快適なインターネット回線を継続したいなら光回線のままがよいでしょう。

3)充電が必要
光回線は常に電源に繋いだままなのでいつでもインターネットを利用可能ですが、モバイルWi-Fiルーターは長時間利用していないと電源がオフになるため、使うときはスイッチをオンにする必要があります。また、自宅での充電も必要です。「充電がめんどくさい」、「屋外には持ち運ばない」という方は、SIMカードが挿せる据え置き型のWi-Fiルーターを購入しましょう。

オススメの格安SIM

携帯電話と自宅のインターネットを同じ格安SIM会社でセットにすると、さらに料金がお得になります。こちらではオススメ会社をご紹介します。

データシェアがしやすいIIJmio

データ通信の大容量オプションが魅力です。20GBで月額3,100円、30GBで月額5,000円とキャリアと比較するとかなりお得です。それだけではなく、通信プランはSIMカードが数枚もらえるシステムなので、スマホとWi-Fiルーターでセット使う場合は、33GBで月額7,000円という格安な値段で利用できます。

ファミリーシェアプランを利用すれば、40GBで10,760円です。SIMカードが10枚までもらえてデータ通信をシェアできるので、3人家族でスマホを利用し、1つはWi-Fiルーターにするという使い方も可能です。スマホもインターネットの通信も含めて月額10,000円なら、キャリアや光回線を使っているときの半額以下の値段になります。

IIJmioは、NECのWi-Fiルーターを販売しています。

  • Atem MR05LN:モバイルWi-Fiルーター(月額950円〜)
  • Aterm HT100LN SW:据え置き型Wi-Fiルーター(月額650円〜)

楽天モバイルでポイントを貯められる!

大容量プランは、データSIMプランで20GB(月4,050円)と30GB(月5,450円)があります。余ったデータ通信量は翌月に繰越されるのが嬉しいところです。また、「もっと容量を少なくしたいな」、「容量を多くしたい」という場合には、毎月1回までプラン変更が可能です。

さらに、月額100円でデータ通信量が分け合えるデータシェアが最大5回線まで可能です。データ通信を大容量で契約したスマホを持ち、小容量のデータ通信で契約したWi-Fiルーターにシェアすると節約した使い方ができるでしょう。

楽天モバイルのメリットは、楽天ポイントが貯まって使えるところです。携帯電話とセットで申し込めば、毎月ポイントが貯まりやすくなります。

購入できるモバイルWi-Fiルーターは、次の通りです。

  • Aterm MP01LN(月額486円)
  • HUAWEI E5577(月額441円)
  • Aterm MR05LN(月額985円)

DMMモバイルは業界最安値

データ通信プランの20GBは3,980円で、通話SIMプランの20GBは4,680円です。データ通信の20GBは業界最安値と謳っています。通信容量を分け合えるシェアコースでは、SIMカードが最大3枚までもらえます。20GBを家族2人で分け合い、もう一つはWi-Fiルーターにするという使い方も可能ですよ。

30GBの大容量がないのが少し残念ですが、データシェアができるのは嬉しいところです。また、DMMポイントが100円で1ポイント貯まるので、電子書籍やコミックレンタル、ゲームなどに利用できます。購入できるWi-Fiルーターは、HUAWEIのE5577で月額531円の分割支払いが可能です。

大容量を使うならイオンモバイル

イオンモバイルの大容量データ通信は、20GB、30GB、40GB、50GBから選べるなど豊富なプランが魅力です。シェア音声プランの20GB以上なら、最大5枚のSIMカードが発行できるので4人で格安スマホを使って、1つはWi-Fiルーターに挿すことも可能です。

購入できるWi-Fiルーターは以下の通りです。

  • Aterm HT100LN:据置式Wi-Fiルーター(月額711円)
  • Aterm MR05LN:モバイルWi-Fiルーター(月額1206円〜)

格安SIMに乗り換えたいけど不安がある。どの格安SIMが良いのかプロに相談したい本当に安くなるのか知りたい。そんな方は本サイトの無料相談窓口をご活用ください!回線の知識豊富なプロが無料でご案内いたします。
メールでの無料相談はこちら
お電話での無料相談はこちらから『格安SIMに乗り換えたい!』とお伝え下さいね。
セット割チョイス無料相談窓口
0800-300-3190(9:00-18:00)
※セット割チョイスの相談窓口です。

まとめ

携帯電話と自宅のインターネットをまとめて格安SIMにすれば、合計で月額5,000〜6,000円安くなる可能性があります。携帯電話とWi-Fiルーターに使うSIMカードは、同じ会社にするとデータ通信を共有できるので、お得に使えますよ。

ただし、毎日大容量のデータ通信を安定して使いたいという方は、格安SIMより光回線のままがよいでしょう。光回線を安くするには、携帯電話とセットの光コラボに乗り換えるという節約方法があります。

「乗り換えたいけど解約金が気になる」、「実際格安SIMにするとどのくらい安くなる?」、「自分に合っている格安SIMが知りたい」とお考えの方は、本サイトの無料相談をご利用ください。割引のプロが、あなたにピッタリな提案をさせていただきます。

メールでの無料相談はこちら
お電話での無料相談はこちらから『格安SIMに乗り換えたい!』とお伝え下さいね。
セット割チョイス無料相談窓口
0800-300-3190(9:00-18:00)
※セット割チョイスの相談窓口です。

au Softbank docomo 簡単1分入力! 通信費節約の無料相談はこちら
新規・乗り換え お申し込みの方限定! 最大70,000円還元キャンペーン
携帯・スマートフォンのキャリア別おすすめのセット割引簡単チェックで節約!