セット割チョイス

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

無料相談はこちら

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

フレッツ光とドコモ光どっちがお得?年間最大7万円の節約に?

こちらのサイトではセット割引やお得な情報を多数紹介しています。
インターネット回線やスマホなど、種類がありすぎてよくわからない!という方もいらっしゃいますよね。そんな疑問をわかりやすく解決!
今回はフレッツ光とドコモ光、結局どちらがお得になるのかというテーマです。長年フレッツ光やドコモの携帯を使ってきた方にとって、「ドコモ光」という光コラボレーションの登場でどちらがお得になるのかわかりにくい場合もありますよね。
そこで今回はフレッツ光とドコモ光を比較しながら、どちらがお得になるのか確認していきましょう!

ドコモやau、ソフトバンクなどご利用中のスマートフォンキャリアによって、お得な割引を適用できる組み合わせは異なります。まずは、ご利用中のキャリアを元にオススメなセット割引を確認してくださいね。
キャリア別オススメなセット割引の簡単チェックはこちらから
お電話での無料相談はこちらから
「携帯キャリアを元にお得なセット割引の組み合わせを無料診断してください」とお伝え下さい。
セット割チョイス無料相談窓口
0800-300-3190(9:00-18:00)
※セット割チョイスの相談窓口です。

フレッツ光とドコモ光

フレッツ光は、王道の光回線としてNTTが提供するこれまで利用者数No.1の光回線でした。その中で、ソフトバンクやKDDIから提供される光回線も登場し、それぞれのスマホ(携帯)と連動したサービスやセット割引が始まったことでさらにシェアが拡大していきましたよね。スマホ(携帯)とのセット割引を適用させることで大幅にお得になるため、家族全員でキャリアを統一させる方も多くいらっしゃいます。

お得な王道セット割についてはこちら!

ただ、フレッツ光に関してはNTTの法の関係でスマホ(携帯)とのセット割が適用できませんでした。通信業界で独占的な地位であるNTTとドコモ携帯のセット割引が登場してしまうことで他の通信事業者との競争が難しくなることが懸念されていることが大きな要因としてあります。
そこで、2015年2月にNTTがフレッツ光回線の卸売りを行うことで、ドコモ側がこれを受けて「ドコモ光」のサービスを開始、ドコモ携帯とのセット割をスタートすることが可能となったのです。

ドコモ光のセット割はこちらで解説!

卸売りされた光回線を各企業が独自のプロバイダーサービスと連動させてサービス提供する光コラボレーションのひとつとして、ドコモ光が登場しました。光回線とプロバイダー部分がセットで提供されるので、それぞれ別契約を必要としているフレッツ光よりも基本的に安く利用できるようになっています。そして何よりも、ドコモのスマホ(携帯)とセット割引を適用できることになったことが注目されていますよね。
なので、フレッツ光にはスマホ(携帯)とのセット割はありませんが、その代わりにドコモ光の登場で、auやソフトバンクのようにネット回線とドコモスマホ(携帯)とのセット割が組めるようになったのです!

では、フレッツ光とドコモ光ではどのくらい料金に違いがあるのでしょうか。

フレッツ光とドコモ光の料金

フレッツ光もドコモ光にも、戸建てタイプと集合住宅タイプがありますが、ここではわかりやすく戸建てタイプで確認していきましょう。
フレッツ光の料金は、通常月額料金は5,700円ですが、2年間の継続利用を前提とした「にねん割」を適用させることで毎月700円割引が適用されます。よって毎月5,000円でフレッツ光が利用できます。フレッツ光はプロバイダーが別契約として必要となっているので、一般的なプロバイダー料金950円を足すと、フレッツ光でインターネットを利用する場合、月額5,950円ということになります。
※プロバイダー料金によって合計は前後します

一方、ドコモ光の場合、通常月額料金はタイプA・タイプB・単独タイプと3種類の料金設定があります。
タイプAは通常月額6,700円ですが2年定期契約による割引を適用することで5,200円、タイプBは通常月額6,900円ですが同じく割引適用で5,400円となります。ドコモ光はプロバイダー込みの料金設定なので別途契約する必要はありませんのでこれ以外にかかる料金もありません。
タイプAとタイプBの違いは選べるプロバイダーの種類の違いです。もし、このタイプA・Bで提供されている以外のプロバイダーを利用したいという場合は、プロバイダーを別途契約することになります。この場合、単独タイプは回線部分の料金として通常月額6,000円が2年定期契約による割引適用後、5,000円で利用できることになりますが別途契約するプロバイダー料金がかかるので一般的なプロバイダー料金950円を足した5,950円となりますね。
プロバイダー料金によって合計は前後します

以下、フレッツ光とドコモ光の料金目安表です。

契約サービス 回線料金 プロバイダー料金
フレッツ光 + プロバイダー 5,000円 950円
ドコモ光タイプA (プロバイダー込) 5,200円
ドコモ光タイプB (プロバイダー込) 5,400円
ドコモ光単独タイプ + プロバイダー 5,000円 950円

(※上記がにねん割や2年定期契約による割引適用後の金額かつ表記は税抜)

各料金をまとめると、フレッツ光の場合で月額5,950円前後、ドコモ光タイプAで5,200円、タイプBで5,400円、単独タイプは5,950円前後ということになりますね。フレッツ光とドコモ光の単独タイプは契約するプロバイダーによって料金が前後しますが、基本的にドコモ光でタイプA・タイプBを契約すればフレッツ光よりも安い料金でインターネットを利用できることがわかります。

そしてドコモ光には、ドコモスマホとのセット割引があるのでさらにお得にすることができるのです。

スマホとネットはセットにしたほうがいい?お得な方法を相談してみる!

ドコモ光のセット割

ドコモ光とドコモのスマホとのセット割引を適用させるためには「パケットパック(ドコモ光パック)」に加入する必要があります。これは1ヵ月のデータ通信量の目安となるもので、契約するデータ通信量により料金も異なります。このパケットパックの料金から、セット割の割引が適用されることになります。割引料金に関しても契約するデータ通信量によって異なりますので、ご家族でドコモスマホを利用している場合は家族全員でまとめてこのシェアパックに加入して分け合うかたちが一番お得です。契約するデータ通信量が多いほど、割引額も大きくなるからです。
以下、パケットパックと、ドコモ光とのセット割引額をまとめた表です。

パケットパック種類 パケットパック
月額料金
セット割引
月額料金
家族で分け合い ウルトラシェアパック100
100GB 繰越可能
25,000円 -3,200円
ウルトラシェアパック50
50GB 繰越可能
16,000円 -2,500円
シェアパック15
15GB 繰越可能
12,500円 -1,800円
シェアパック10
10GB 繰越可能
9,500円 -1,200円
シェアパック5
55GB 繰越可能
6,500円 -800円
おひとり ウルトラデータLLパック
30GB 繰越可能
8,000円 -1,100円
ウルトラデータLパック
20GB 繰越可能
6,000円 -900円
データMパック
5GB 繰越可能
5,000円 -800円
データSパック
2GB 繰越可能
3,500円 -500円
らくらくパック
200MB
2,000円 -500円
ケータイパック
2GB
300-4,200円 500円

また、ドコモ光ではドコモ携帯を4年以上継続利用している方がさらにお得になる「ずっとドコモ割」という割引サービスもあります。
割引額に関しては、4年以上・データMパック以上の契約内容で月100円~1,000円、8年以上・データMパックの契約内容で月200円~1,200円、10年以上・データMパックの契約内容で月600~1,800円、15年以上でパケットパック全タイプ(ケータイパックからウルトラシェアパック100まで)月300円~2,500円が割引されます。
ドコモ携帯の継続利用が長ければ長いほど、見逃せない割引サービスになっていて、もしご家族でデータ容量の大きなパケットパックに加入する場合、大幅な割引が適用されることになりますよね。セット割の最大額が3,200円、ドコモずっと割の最大が2,500円なので最大合計5,800円、年間換算すると最大約7万円の節約になるのです!このセット割はドコモユーザーであれば絶対に見落とせません。
※文中はすべて税抜表記としています

ドコモ光がお得?

こうした料金設定を比べると、ドコモ光がお得だと言えそうです。
ドコモのスマホを使っている方はドコモ光を利用することで間違いなく通信費の節約に繋がります。ただし、単独タイプに関してはドコモのスマホを利用していない方にとってフレッツ光と変わらない料金設定となっていますので注意が必要です。
ドコモのスマホを利用している場合は、タイプA・タイプB・単独タイプどのプランにしてもセット割やずっとドコモ割の適用で大幅な節約ができます。まだフレッツ光を利用していて携帯キャリアがドコモという方は大幅な節約になる可能性がありますので、参考にしてみてくださいね!

結局どこが一番おトクになるのかコンシェルジュに聞いてみる!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「フレッツ光とドコモ光はどちらがお得か」という料金の面での比較をしてみました。特別なキャンペーンや契約をしている場合は例外もありますが、基本的には携帯キャリアがauやソフトバンクなど、ドコモ以外であればドコモ光のタイプA・タイプBがお得になります。
携帯キャリアがドコモでスマホを使用している場合、ドコモ光の全タイプでお得になります。ご家族が多ければ、契約するパケットパックの容量も大きくなることで割引額も増すのでドコモユーザーの多いご家庭には特にお勧めです。
とは言え、ドコモ光のように光コラボレーションに変更したあとは、再度フレッツ光に戻したいという場合に手間や費用(光電話のアナログ戻しや工事料金など)が発生してしまうことになるので注意も必要です。
毎月固定で発生する通信費、こちらを見直すだけで大幅な節約が可能になることがあります。是非参考にして通信費そして家計の節約に繋げてみてはいかがでしょうか。

どうしたらいいのかわからない!ご自身に合った回線やスマホを教えてもらう!

こちらのサイトではインターネット回線や携帯電話などのセット割やお得な情報を多数ご紹介しています。この他のページもご覧になって参考にしてみてくださいね。
また、インターネットやスマホなどの通信費の見直しや節約について、フレッツ光やドコモ関連のお悩み、通信関連のことならちょっとした質問などにも丁寧にお答えしております。是非、お気軽に無料相談をご活用くださいね。

au Softbank docomo 簡単1分入力! 通信費節約の無料相談はこちら
新規・乗り換え お申し込みの方限定! 最大70,000円還元キャンペーン
携帯・スマートフォンのキャリア別おすすめのセット割引簡単チェックで節約!