セット割チョイス

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

無料相談はこちら

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

「新電力」とは!?わかりやすく解説!!!

近頃、「新電力」という言葉をよく耳にするようになりましたよね。2016年4月の電力自由化に伴って、一般家庭も電気会社を自由に選べるようになっての影響でしょうか。でも、そもそも「新電力」という言葉自体よくわからないという方も多いと思います。
ここでは、「新電力」についてわかりやすくご紹介していきます!

ドコモやau、ソフトバンクなどご利用中のスマートフォンキャリアによって、お得な割引を適用できる組み合わせは異なります。まずは、ご利用中のキャリアを元にオススメなセット割引を確認してくださいね。
キャリア別オススメなセット割引の簡単チェックはこちらから
お電話での無料相談はこちらから
「携帯キャリアを元にお得なセット割引の組み合わせを無料診断してください」とお伝え下さい。
セット割チョイス無料相談窓口
0800-300-3190(9:00-18:00)
※セット割チョイスの相談窓口です。

日本の電力会社の歴史

日本で初めて設立された電力会社「東京電燈」が1886年に設立されました。現在の東京電力の前身となります。その後、名古屋電燈、神戸電燈、京都電燈、大阪電燈など、相次いで電力会社が設立されていきました。
しかし、1939年戦時体制へと移行していくなかで、日本発送電株式会社と9配電会社に統合されてしまいました。そして戦後、ポツダム政令により、9電力会社が再編されました。
初送電一貫体制と地域独占が認められる一方で、電力の安定供給と電気料金の抑制を担ってきました。そして沖縄が日本に返還され、沖縄電力が設立されたことで日本の10電力会社体制となったのです。以来、1995年の電気事業法改正に伴う電力自由化により独立系発電事業者が参するまでの20年以上この体制が続いていました。

電力自由化の歴史

1995年の電気事業法改正により、独立系発電事業者(IPS=Independent Power Producers)の参入が可能になる。(電力自由化の第一歩)
1999年の電気事業法では2000年以降から大規模工場、大規模店舗向けなどに小売り部分の自由化が解禁される。
2003年の電気事業法改正では、2004-2005年にかけて小売り自由化の対象範囲が拡大。しかし、電力会社の切り替えをする企業は3%ほどと、実態としては電力自由化はそれほど浸透していなかった。
2011年の東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、電力システム改革の見直しが2013年に閣議決定され、広域系統運用拡大や発電の全面自由化を主とした内容となっています。
そして2016年4月に、電力の小売りと発電の自由化に繋がったのです。
さらに2020年までの予定として、送配電の自由化(発送電分離)が挙げられています。
このように、様々な歴史を以て今日の電力自由化に至っているのです。

「新電力」

特定規模電気事業者(PPS:Power Producer and Supplier) といい、「契約電力が50kW以上の需要家に対して、一般電気事業者が有する電線路を通じて電力供給を行う事業者(いわゆる小売自由化部門への新規参入者(PPS)」として存在していました。PPSがわかりにくいということもあり「新電力」として名前を改め、2016年4月の電力自由化により、「小売電気事業者」に登録すれば、50kW未満の一般家庭や小規模店舗などにも電力供給できるようになったのです。
現在小売電気事業者として登録完了しているのは大手電力会社を含めて300社を超えています。

「新電力」になるには

さて、では「新電力」として電気事業に参入するにはどうしたらいいのでしょうか。
「小売電気事業者」に登録することです。そのために「電力広域運営推進機関」への加入と、経済産業大臣へ登録申請書を提出し、審査を受けることになります。
また、既存のPPS(特定規模電気事業者)であったとしても小売電気事業者への登録は必要となっています。

「新電力」としての電力供給

「新電力」として電力調達としては以下のような方法が多いです。

  • 自社発電所で発電
  • 企業の余剰電力を買い取る
  • 電力会社から買い取る
  • 卸電力取引所で購入

とは言え、大手電力会社などの電力供給には敵いません。そうなると、「新電力」と契約すること自体、「きちんと電気が供給されるのだろうか」、「停電などは大丈夫なのか」という心配が出てきます。
ですが、電気を各家庭に届ける送電網はこれまで通りの既存の送電網を共有して伝って電力供給がされるので問題ありません。また、仮に一時的に「新電力」として電力供給ができない事態になった場合は大手電力会社などから常時バックアップという、電力を融通してもらうシステムの契約をしているのです。ということなので、基本的には停電などの心配もないのです。たとえ、使っていた「新電力」会社が倒産してしまった場合にも、このシステムが適用されるようになっています。

「新電力」に切り替えたい!!

さて、具体的に「新電力」に切り替えたいという考えになった場合の流れを簡単にご説明します。

  • 契約する「新電力」会社を決める
  • 現在の電力会社の「検針票」を手元に用意して、契約したい「新電力」会社に連絡をします。
    その際、支払い方法として登録する通帳やクレジットカードなどを手元に用意しておくと安心です。
    ※現在契約している電力会社には、変更先会社が解約手続きをしてくれるので、解約などは必要ありません!
  • 変更先の電力会社から使用開始日についての連絡がくる
  • スマートメーターの設置
    これまでの検針で使用していた機器を、スマートメーターという機械に交換設置します。無料で立会いも基本的にはありません。

以上が「新電力」への切り替え時の流れとなります。
流れはとても簡単なので、どこの「新電力」と契約するかをしっかりと考えましょう!!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「新電力」として、多数の企業が電気事業に名乗りを挙げています。「新電力」だからといって、電力供給に不具合が生じる心配なども現状なさそうですし、各社の特徴や割引など比較して、ご家庭に合った電気を選んできたいですね。

何かご不明点などあれば、こちらのサイトにもお気軽にお問い合わせくださいね。

au Softbank docomo 簡単1分入力! 通信費節約の無料相談はこちら
新規・乗り換え お申し込みの方限定! 最大70,000円還元キャンペーン
携帯・スマートフォンのキャリア別おすすめのセット割引簡単チェックで節約!