セット割チョイス

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

無料相談はこちら

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

丸紅新電力の料金プランからメリットまで徹底解説!切り替えるべき!?

2016年4月の電力自由化に伴い、一般家庭では電力会社を選択できるようになりました。そこで今回は電力自由化についても、※PPS最大手「丸紅新電力」についての解説をさせていただきます。毎月の電気料金を節約されたい方は、ぜひご覧下さい。
※PPSとは、Power Producer and Supplierの略で、一般電気事業者(〇〇電力など)以外の新電力会社の事を言います。

電力自由化とは

自由化以前の電力販売会社は、「東京電力」、「関西電力」といった、エリアごとに決められた会社の1社独占市場でした。しかし電力自由化に伴い、2000年に工場や高層ビル向けの「特別高圧電気」が小売され、2004年から2005年にはスーパー等の「高圧電気」が順時小売されるようになりました。一般家庭においも2016年4月に自由化され、以降、100社以上の電力会社が設立されるまでになりました。この様に新しく設立された新電力会社は「PPS(特的規模電気事業者)」と呼ばれています。

新電力会社は「関東(東京電力)エリア」や「関西エリア」といった、地域ごとの既存の送電線網を利用し、電気を販売しています。大手電力会社を含む、エリア内全ての電力会社から作られた電気は、同じ送電線網を通して一般家庭に送られてきますので、家庭に届く電気の品質には契約会社ごとの違いはありません。では、何が違うかといえば、新電力会社ごとに異なった料金プランを取り揃えています。例えば、昼間に在宅がない独身世帯向けには、夜間の電力がお得になる「夜間電力プラン」や、地域の野球チームを電気料金で応援するプランなど、個人の生活習慣や地域色に合わせた電力プランを選ぶ事が出来るようになりました。

つまり一社独占市場だった電力会社が複数社になることで、契約者は好みの電力会社を選べるようになり、そこから料金・サービスの競争も産まれ、電気料金の値下げにも大きく貢献しています。

丸紅新電力とは

丸紅新電力は、電気の売買事業およびその代理、代行、仲介をはじめ、発電所の建設、発電事業およびその代理、代行、仲介を行う丸紅グループの100%子会社です。

2002年よりPPSに参入し、移行、国内外の総合商社の中で、発電量No.1という実績のある電力会社です。電源開発は、新潟県関川村のメガソーラー施設や、山梨県北杜市のウオーターファームなど「地域密着・環境配慮」の電源開発を進めています。

丸紅新電力のメリット

丸紅新電力は、現在の送電設備を利用するため設備導入等の初期費用は一切不要です。また、サービス切り替え時の手数料等も不要ですので、簡単に切り替える事が可能です。(申込みから切り替え完了にかかる期間は約2.5ヶ月となります。)

丸紅新電力は、大手電力会社に比べ設備や人件費にかかる料金が少なく済むため、基本料金・電力量料金を安く提供しています。今まで独占状態だった電力市場に多くの事業者が参入する事で、さらなる価格競争が起こり、丸紅新電力の料金も発電所の追加等で、さらにお得になることが期待されます。

丸紅新電力の料金プラン

丸紅新電力の電力プランは、以下の通りです。

プランS

電力会社の料金プランと比較して、多くのケースでお得になるように設定された料金プランです。一般家庭では、「プランS従量電灯B(10~60Aまでの区分)」、「プランS従量電灯C(60A以上の区分)」の2種類があります。

また、工場・店舗・オフィス等の多くの電力を使用されるお客様向けには「プランS低圧電力」が提供されています。エリアごとに料金設定は変わってきますが、東京電力エリアにおいて「プランS従量電灯B」を契約した場合、東京電力と比べ年間約5,200円お得になります。

プランL(従量電灯C)

こちらは北海道電力エリアのみのプランで、月に400kWh以上使用される場合に、大変お得なプランです。北海道電力のエネとくLプランCと比べ年間約5,400円お得になります。

プランG

こちらは電気料金の一部を環境保全に充当するプランです。支援先には「公益財団トトロの森」・「三鷹の森ジブリ美術館」等、スタジオジブリ関連の自然保護区域が多いのも特徴です。プランGにご加入されたお客様には、スタジオジブリ監修の「オリジナル一輪挿し」がプレゼントされます。

プランGは「プランG従量電灯B(10~60Aまでの区分)」、「プランG従量電灯C(60A以上の区分)」が提供されています。東京電力エリアにおいて「プランS従量電灯B」を契約した場合、東京電力と比べ年間約2,600円お得になります。

その他、「横浜F・マリノス電気」や「しっぽ応援プラン」・「レバンガ北海道応援プラン」・「シンフォニープラン」等、電気料金を収める事で、地元のスポーツや環境・文化をサポートするプランが増えています。

まとめ

1990年台、世界と比べて日本の電気料金は割高だと言われていました。化石燃料に頼る火力発電では、輸入コストが年々上昇しているため、電力自由化による新電力会社による再生可能エネルギーや太陽光発電といった、新たな発電所が増設さるようになりました。

この発展により、2018年現在では世界の中間程度の料金設定に落ち着いています。新電力会社に変更する事は、料金面でも環境保全面でも非常に有意義な取り組み方だと思われます。

是非、この機会に「丸紅新電力」を始め、新電力会社に変更してみてはいかがでしょうか?本サイトでは、お客様の生活環境に1番最適な新電力会社のご案内をさせていただきます。是非お気軽にご連絡下さい。
メールでの無料相談はこちら
お電話での無料相談はこちらから『新電力に切り替えて電気代を安くしたい』とお伝え下さいね。
セット割チョイス無料相談窓口
0800-300-3190(9:00-18:00)
※セット割チョイスの相談窓口です。

au Softbank docomo 簡単1分入力! 通信費節約の無料相談はこちら
新規・乗り換え お申し込みの方限定! 最大70,000円還元キャンペーン
携帯・スマートフォンのキャリア別おすすめのセット割引簡単チェックで節約!