セット割チョイス

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

無料相談はこちら

セット割チョイスは、
日本中のすべてのセット割引を特集していくポータルサイトです。

ドコモ1980のdocomo withを徹底解説!毎月1,500円の割引は本当にお得なのか?

こちらのサイトでは、セット割やお得な情報を多数ご紹介しています。スマホやインターネット回線などもともとの料金が高いものを大きく節約できた場合、家計の見直しにおいて大幅な節約に繋がりますよね。そんなお得な情報をしっかりご紹介していきます。
今回はNTT docomo(以下、NTTドコモ)から新登場の割引サービス「docomo with」についてです。これからドコモのスマホを使おうとしている方や機種変更のタイミングの方などは是非チェックしてみてくださいね!

ドコモやau、ソフトバンクなどご利用中のスマートフォンキャリアによって、お得な割引を適用できる組み合わせは異なります。まずは、ご利用中のキャリアを元にオススメなセット割引を確認してくださいね。
キャリア別オススメなセット割引の簡単チェックはこちらから
お電話での無料相談はこちらから
「携帯キャリアを元にお得なセット割引の組み合わせを無料診断してください」とお伝え下さい。
セット割チョイス無料相談窓口
0800-300-3190(9:00-18:00)
※セット割チョイスの相談窓口です。

docomo withとは

2017年5月24日、NTTドコモの2017年夏モデルの発表が行われました。そのなかでdocomo with という新しい割引サービスについての発表があり、話題となっています。
docomo withとは、同じスマホ端末をずっと使い続けることでお得に使えるという新しい割引サービスです。
対象のスマホ端末を購入し、対象のプランに加入することで毎月の利用料金から1,500円割引が適用されます。割引の期限はなく、同じ端末で対象のプランに加入している限りは基本的にずっと毎月1,500円の割引がされるというこれまでになかったお得な内容となっています。


スマホがドコモならネットもドコモ光?お得なキャンペーン実施中!?

対象端末

対象となる端末は2017年6月時点で「arrows Be F-05J」と「Galaxy Feel SC-04J」の2種類。
価格は前者が28,512円(税込)、後者が36,288円(税込)となっています。
キャリアでスマホを購入する際、端末代金を差し引くようなかたちで割引される場合があり、NTTドコモで言うと(月々サポート・端末購入サポート)今回のdocomo withではそういった端末代金の割引はありません。
その代わりとして対象端末で同じものを使い続ける限りはずっと1,500円もの割引が適用されるようになっています。
では次に対象のプランについてご紹介していきます。

ドコモはフレッツ光?ドコモ光?それとももっとお得な方法がある?

対象プラン

docomo withの適用条件でもある対象プランへの加入についてしっかりご紹介していきます。

まず端末購入に関しては新規、MNP、機種変更、契約変更、法人、個人問わずすべてが対象となります。個人名義の場合、契約者は中学生以上とされていますが、利用者年齢に関しては何歳でも対象になるのでご安心ください。
そして対象プランはカケホーダイプラン(スマホ・タブレット)、カケホーダイライトプラン(スマホ・タブレット)、シンプルプラン(スマホ)です。ずっとドコモ割コース、フリーコース、定期契約なしの場合も対象となります。
対象のパケットパックは、データパック(S/M/L)、ウルトラデータパック(L/LL)、シェアパック(5/10/15/20/30)、ウルトラビジネスシェアパック(30/50/100)となっていて、子回線の方も対象となります。また、上記対象のパケットパックと同じ名称で現在は新規受付終了となったものにすでに加入している方に関しては対象となります。
※通話料などは別途発生します。

いかがでしょうか。適用条件となる対象プランへの加入を考えてみても、通常一般的にスマホを使う際に最低限加入する基本料金プランとパケットパックだけなので安心ですね。有料の付加サービスやご自身に合っていないプランへの加入などは一切ないので通常通りの契約内容で大丈夫ということがわかりました。

とにかく節約したい!携帯を変えるべき?通信のプロに無料相談!

本当にお得になるの?

毎月1,500円も割引になって、同じ端末を使えばいいだけで落とし穴はないのでしょうか。
基本的にここまでで書いてきた通りではありますが、ひとつ考え方として、端末料金に対する割引等がないのでそこはしっかり計算しておく必要があります。
docomo withの対象となる端末代金が高いもので36,288円です。毎月1500円の割日Kが入るので2年間使えば端末代金の分としての元は取れます。
ただし、これまで端末料金分などを割引いてきた月々サポートや端末購入サポートは、基本的に2年間にわたって割引が適用される形でした。月々サポートで1,900円が毎月割引される場合、45,600円もの割引がされるのと同じです。
docomo withの場合、こうした端末サポートがありませんので単純に2年間使った場合は36,000円の割引となり、上記の例と比べると端末サポートを使っていたほうがお得ですよね。
例にあげた45,600円と同等の割引をしてもらうには30か月以上の継続利用が必要となるのです。もちろんそれ以降も使い続ければ使うほどトータルの割引額は上がっていきますのでよりお得になるということです。
スマホの端末をずっと使い続けることに抵抗がない方であれば、お得に使えることは間違いありませんが、定期的にスマホを変更する方にとってはよく考える必要があります。仮に2年間で解約や変更する場合、36,000円分の割引で終了となるので月々割で最新機種やiPhoneなどを2年間割り引いてもらったほうがお得になる可能性が高まるということです。
端末の種類にこだわりもなく、これまでの端末サポートを使っても毎月差額として実質数百円を払っていることが気になるという方はdocomo withを検討してみる価値はもちろんあります。

こういったことも踏まえながら、これまでのご自身の端末変更のスパンとしっかり向き合ってみてくださいね!

ドコモの場合はどうするべき?一番お得にスマホやネットを使う方法を通信のプロに相談!
他社からドコモ光に乗り換えで、最大30,000円分の還元も?!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はNTTドコモから新登場の割引サービスdocomo withについてご紹介してきました。
毎月ずっと1,500円の割引が適用されるのは非常にうれしいことですが、その分端末料金に匹敵する端末購入に関するサポートが利用できないという点を考えると、その端末を本当にずっと長いあいだ利用し続けることができるのかをよく考えていきたいところです。
とは言え、これまでになかった新しいタイプの割引なので、これからスマホを新しくしようとしている方は頭に入れて検討してみてはいかがでしょうか。
工事費無料キャンペーン中!ドコモ光についてこちらもチェック!

こちらのサイトではセット割やお得な情報を多数ご紹介しています。是非このほかのページもご覧になって参考にしてみてくださいね。
また、なにか通信費の節約やスマホ、固定回線などの契約についてお困りごとや疑問があればコンシェルジュ(無料)をご活用ください!

スマホもネットも節約したい!そんな時はまず通信のプロに相談して最適なセット割を教えてもらおう!

au Softbank docomo 簡単1分入力! 通信費節約の無料相談はこちら
新規・乗り換え お申し込みの方限定! 最大70,000円還元キャンペーン
携帯・スマートフォンのキャリア別おすすめのセット割引簡単チェックで節約!